忍者ブログ
HOME > > [PR] > 私信 > とりあえず Admin NewEntry Comment RSS  
「たとえ、神にだって、俺は従わない」(キリコ・キュービー)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見てみてくれ(一部の方

特に“EP 3C”は思い入れが深い。








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1
戦闘シーンは上手いなぁ
でも
なんとなくこんな感じかって前後の話は浮かぶけど、
キャラクターがイマイチ掴み取れなかったんで辛い部分もあった。

で検索してみたらアアタ!

>1話から最終話まですべて見なければ視聴者はストーリーを理解することが困難となっている

なんて書かれてるじゃねぇか!オイ!(爆)
黒犬 2009/05/06(Wed)12:21:43 編集
2
黒犬巨匠さん→
ガサラキの戦闘シーンはどれも秀逸です。
やはり嘘とリアルのバランスが凄い良いのでしょう。
特にディテールは地上波アニメとしては異常な拘り。
3話の現行車両での戦車戦は鳥肌ものです。
本筋は若干アレですがwwwww
最終話1つ手前の戦闘(TA vs TA)も神ですし、西田さんという侍翁も燃えるので、
是非とも1話から全部見てください(つべでもまだ生きてるようですし
Big Bopper 2009/05/06(Wed)22:08:41 編集
3
遅ればせながら
21も好きです。鏑木さんがデレ始めてるとことか後半ですねえ。

ガサラキはTAの設定は激カッコよいのですが、ストーリー自体は人間関係中心でカタルシスみたいなのはあんまないんですよねえ。もっとTA出してくれと思いながら見てたのを思い出しました。
k 2009/05/10(Sun)01:35:16 編集
4
kさん→
>鏑木さんがデレ始めてるとことか
そうなんすよねwww
あんま本筋に活かせてないですが。
高橋監督も終了後に「やりきれなかった」と悔やんでいました、なんかのインタビューで。
ラスト手前の対米戦はそのフラストレーションをぶつけたみたいなことも言ってた記憶があります。
本筋はエヴァを意識したとこもあり、尚且つスケールがデカ杉ましたよね。
まぁ、西田先生絡みのエピはカタルシス満載ですた個人的にwwwwwwwww

今後ともよろすく!
Big Bopper 2009/05/11(Mon)00:46:17 編集
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
かれんだ!
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
へびろて!
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
こめんと!
[12/11 たてくん]
[12/16 baf2]
[12/15 baja]
[07/22 Big Bopper]
[07/22 Big Bopper]
事故紹介乙
HN:
ばふつー
HP:
性別:
非公開
職業:
特殊戦開発郡
趣味:
偶像崇拝
自己紹介:
Kanagawa Killmins from Hell
神奈川KILL民ズの人。現在は告知ブログ的なアレになっております。
スラッシュとぱすぽ☆が好きです。
紫パッセン。
あんにゃ様は推しとか超えて尊敬する人物です。

かうんた!
つぶやき!
Twitter
フェラーリの女豹 - B.A.F. Second Coming - 神奈川KILL民ズ とりあえず Produced by ばふつー
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com